手帳の使い方や書き方TOP ≫  手帳徹底活用、書き方の見本

手帳徹底活用、書き方の見本

手帳を徹底活用!書き方の見本は?

手帳を徹底活用!書き方の見本という事で、基本的な出来る人の手帳の書き方
を紹介しましょう。


まずは「スケジュール欄」ですが、簡潔に分かりやすく、記号や略語を活用し
ながら大事な予定を強調して書く事が基本です。


手早くメモするための記号や略語は、仕事とプライベートなことで他人に内容
を知られるリスクを軽減する事が出来ますし、簡潔に書く事で欄外にはみ出て
いて逆に見にくくなる事を回避する事が出来ます。


手帳を徹底活用!書き方の見本
として、手帳のタイプ別に有効な使い方があり
ます。


週間タイプ、バーチカル週間タイプ、カレンダータイプと種類がありますが、
よく使われる週間タイプの特徴と書き方を簡単に説明します。
特徴として、一週間の予定が一覧できて記入スペースが広い事です。


その記入欄の広さを利用して、左右に欄を分けて左をスケジュール欄、右をメ
モ欄として使うと、同時にやるべき仕事やスケジュールがこなせたかなど管理
が出来ます。


手帳を徹底活用!書き方の見本
とはいえ、千差万別、人によって使い方があり、
一概に「これ」と言った使い方はありません。


しかし、きちんとした手帳の基本の使い方を知った上で、自分流の活用方法を
日々考えていくと、自然に自分に合った理想的な手帳として活用できるように
なります。
ですから、使う前から理想の手帳を探すのではなく、使いながら自分流にアレ
ンジできる、自由度の高い手帳から使い始めてみるといいかもしれません。


スポンサードリンク

Copyright (C) 手帳の使い方や書き方. All Rights Reserved.
おすすめ海外ドラマ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。