手帳の使い方や書き方TOP ≫  手帳の使い方

手帳の使い方

手帳の使い方を学ぼう!

手帳の使い方について、正しい使い方、駄目な使い方はご存知でしょうか?


日本の最高学府、東大生の手帳は非常にきれいだといいます。


ビジネスマンの駄目な手帳の使い方とどんな使い方がいけないのか、
いくつか例をあげて紹介しましょう。


手帳を開いた時に、一日のスケジュールしか見えない手帳を使っている人は、
日をまたぐ仕事のプランが立てずらく、時間を読みにくい手帳になります。
手帳の使い方がうまい人は、スケジュールを時系列で管理するので、見開き一
週間の予定が見える手帳が良い手帳と言えます。


次に重要度の管理や、期日管理が出来ていない手帳。
こういった手帳だと、目の前の作業から始めてしまい、重要な仕事や期日の
ある仕事を忘れてしまいがちになります。


重要な仕事は赤字などで分かりやすい状態にし、期限があるものにはその期限
を、明確にしておくことが大切です。


手帳の使い方が下手な人は、情報の更新などがされていない事が多い。


例えば、一度商談した相手の情報が書かれていないなど、一度会った相手に
関しての情報は、ビジネスの上でも重要な位置を占めています。
再度商談した時に、相手の癖や接待などの好みなど、話を進めていく上で有利
な情報の収集は必要です。


ここでは代表的な駄目な例をいくつかあげましたが、手帳の使い方一つで、
ビジネスもプライベートも、無駄なくこなしていけると思いますので、
使い方に合わせた手帳選びを常に心がけたいものです。


スポンサードリンク

Copyright (C) 手帳の使い方や書き方. All Rights Reserved.
おすすめ海外ドラマ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。